肌荒れとターンオーバー

肌荒れにはいろいろな症状があります。
小さなぶつぶつができる、肌があかくなる、カサカサ肌になる…。
つまりは、肌の状態が正常ではないということです。
多くの場合、なんらかの異常をきたしており肌の生成サイクルが乱れていることです。
肌の生成サイクルのことをターンオーバーと呼びますが、新しい細胞の角質が表面で生まれ、古くなった角質を剥がれ落ちていくこと。
こうなると、肌がかさついたり、かゆみが出たり、ニキビができたりといろいろな肌トラブルを引き起こすことになります。

ターンオーバーによって皮膚は生まれ変わる

肌というのは、4つの層で構成されています。
基底層・有棘層・顆粒層・角質層です。
肌荒れとの関係性があるのが角質層になります。
角質層は顔においては14層ほどの重なりがあり、一番上から剥がれ落ちていきます。
そして28日間を一つのサイクルとして肌は新陳代謝を繰り返している(ターンオーバー)のです。
今、状態は悪い肌でも角質の入れ替わりで序々に改善されていきます。

 

肌荒れを治す方法は、この角質を健康な状態にしていくことです。
肌荒れを起こしている悪い角質を押し出して健康な角質にいれかえることです。

 

このためには、肌の状態を正常にしていくことが大切です。
肌を正常に治す方法は、外側からは自分の肌にあったスキンケアを行い、内側からはバランスのとれた食事をとり栄養分を肌に届けることが必要です。
生活習慣の乱れも直していくことで、序々に正常な状態へ改善されていきます。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング