生理前の肌荒れを治すポイントは

女性のお肌は周期的に変化していると言われています。
中でも、生理前のホルモンバランスの変化により、お肌には大きな変化が訪れます。
そのため、皮脂量が増加し吹き出物などの肌荒れを起こしてしまうのです。
思春期にできるニキビと違って、生理前の肌荒れは口の周りやあごの部分に吹き出物が出る傾向にあり、悪化してしまうとニキビ跡や赤みが残る原因となってしまうので注意が必要です。
そんな生理前の肌荒れを治す方法は、お肌に刺激を与えないことと、普段の生活習慣に注意する、の二つのポイントが鍵となるのです。 

生理前の素肌はとても敏感

生理前の女性のお肌はとても敏感になっています。
少しの刺激が原因となり、肌のバリア機能を崩してしまうことになります。
ですから、この時期はスキンケア用品や化粧品は低刺激のものを選ぶことが良いとされています。
また、野菜不足や甘いものの過剰摂取は皮脂の分泌を過剰にし、毛穴詰まりの原因となります。
ですから、バランスの取れた食生活と十分な睡眠を心掛けることで、お肌にとってベストな状態を維持することができます。
以上のような、肌荒れを治す方法を知っておくことで、月経前の不安定なお肌を美しく保つことができるのです。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング