肌荒れが治らないのは内臓のせい?

胃腸などの内臓が荒れていると、肌が荒れてしまう、ということはよく言われています。
口内炎といった口腔内の皮膚病も、いわば内臓の状態の映し鏡。
ということで、肌荒れを起こしている原因はひょっとすると内臓の健康にも問題がある可能性が高いです。

肌荒れ状態の治し方として、まず、それ以上の暴飲暴食をしないことは当然

たとえば、鼻の近くのニキビや吹き出物などは、胃腸と関係があるなんてこともよく言われます。
あるいは、口周りの吹き出物などができてしまった時、暴飲暴食をしたりすることが原因だったりする可能性もあります。
そのせいで肌が荒れてしまっていたりすることもあるのですが、過食したりすると胃腸にも負担をかけやすくなるせいで胃腸のトラブルによって顔にもまた肌のトラブルとして出てしまうことがあるのです。
そんな肌荒れ状態の治し方として、まず、それ以上の暴飲暴食をしないことは当然です。

 

また、どうしても暴飲暴食をしてしまうとい人は、その原因をさらに追求すべきでしょう。
食欲を抑えることができないのはストレスもあるし、生理前になるとそういったことも増えてきます。注意することが必要になってきます。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング