更年期の症状の一つに、肌荒れがあります

更年期の症状の一つに、肌荒れがあります。
というより、そうなってしまってから、自分にもついに来たかと、実感させられるのかもしれません。
更年期の肌荒れは、体全体に現れるのが特徴的です。
ホルモンバランスが崩れた影響で、肌が薄くなっていき、刺激に対して過敏になってしまうので、ちょっとしたことでピリピリとしびれを感じるようにもなります。

 

症状が全身に現れるといっても、最初は顔や腕などの目につきやすい部位での肌荒れで、初めて気付くケースは多々あることです。
多くの女性は、化粧のりが突然悪くなったなどで、更年期に入った事実を突きつけられることになります。

誰にでも起こる生理現象

更年期障害は、体内のホルモンバランスが激しく変化し、肌荒れが起きるなど体のあちこちが不調を起こす時期に相当します。
それまでの秩序を一度壊し、新たな形に再構成することになのは、遺伝子上で定められたことであり、誰にでも起こる生理現象です。
ちなみに、男性にもあるのですが、閉経などの目に見える現象がある女性と違って、症状がはっきりしないので自覚しにくいようです。

肌の老化を遅らせることは可能

それはさておき、辛い症状が続くようなら、病院へ行くのがオススメです。
肌荒れということでまずは皮膚科を受診するでしょうが、それで効果がなければ、更年期外来か婦人科を紹介してもらうことになるでしょう。
ホルモン療法などの治療で、症状を緩和させることは可能です。
老化は誰しも避けられない現象ですが、肌の老化を遅らせることは可能です。
美肌のために、コラーゲンが豊富な食品を摂り、保湿力の高い化粧品を使うなど、年齢を重ねても美しい人が実践している方法は、一般人も貪欲に取り入れていきたいものです。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング