ストレスが原因の肌荒れ

肌荒れは体の内側からのSOS

 

ストレスが日常的に多い状態が続くと、それが原因となって、肌荒れを起こす場合があります。仕事の忙しさや複雑な人間関係などで、精神的にまいってしまい、身体にダメージを及ぼすことは、世間ではよくあることです。体の内側からのSOSで訴えかけ、警告を発しているかのようでもあります。

 

ストレスで体の中で変化が

 

ヒトの体内はある面で、化学変化の場といっていいくらいです。メンタルな刺激が、肌荒れを起こす仕組みは、かなりの部分、明らかになってきています。ストレスで体の中に変化が生じ、本人も自覚しないままにダメージがたまるというのは、空恐ろしくさえあります。
ストレスがたまると、体内では対抗するために副腎から副腎皮質ホルモンが分泌されます。ホルモン分泌に伴って、活性酸素が発生し、細胞を傷つけ、肌荒れを起こすのです。
加えて、活性酸素によるダメージを抑えるために、ビタミンCなどの抗酸化成分が消費されます。ビタミンCなどの美肌成分が減ることも、肌荒れの原因になります。
ストレスは、免疫力も低下させます。アクネ菌が増殖しやすくなり、大人ニキビができやすくなります。
また、精神的な緊張が続くことで、血管が収縮します。血行が悪くなり、肌色も悪化していきます。
お肌にとっては、ストレスに何のメリットも認められません。怒ると、自律神経が3時間は乱れるといわれます。毎日のイライラ・クヨクヨが、肌荒れを悪化させ、老化を早めさえするのです。

 

環境ストレスの影響も大

 

肌荒れの原因として、環境ストレスの影響も大であることが明らかになっています。PM2.5やオゾン層の破壊など、ストレスのもとは増えこそすれ減ることはなく、そこら中にあるような状態で、男性でもスキンケアの必要性がさけばれる昨今です。
肌荒れで多いのは、紫外線によるダメージです。シミやシワは、エイジングサインとして代表的な症状です。シミ・シワはたんなる老化現象などではなく、紫外線ダメージがつもってできる「光老化」の一種です。
光老化を防ぐには、日常生活でのUVケアが必要です。ビタミンCやビタミンEなどの美肌成分を、食事やサプリメントで摂取することも、効果的な対策方法です。
エアコンが普及した現在は、乾燥ストレスも深刻な問題です。低湿度下の環境で知らないうちに水分が奪われ、肌荒れでカサカサになることは、若い人でもままあることです。必要に応じて加湿器を使ったり、真夏も保湿ケアをしたりするなどの対策で対処できます。

 

心の状態も大切なポイント

 

毎日ストレス知らずで暮らせたら、肌荒れリスクは大幅ダウンとなるのでしょうが、現実をみると、大人はとくになかなか厳しいものがあります。かゆみやブツブツなどの症状を避けるには、体の健康はもちろん、心の状態も大切なポイントです。自分の感情を上手にコントロールし、不快の元を解消していくことは、年齢に関係なく、美肌づくりのケア方法となります。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング