化粧水がしみるのは、肌荒れの1つのサイン

化粧水がしみるのは、肌荒れの1つのサインです。
言い方を変えれば、しみるほどヒリヒリするのは、肌のバリア機能が大肌に低下している状態であるということです。
健康な肌では、角質層にセラミドが十分にあり、紫外線や雑菌の侵入から、肌を守ってくれています。
ですが、肌荒れで肝心のガードが甘くなると、せっかくのバリア機能も機能停止の状態になります。
化粧水は本来、肌を潤すためのアイテムなのですが、肌の調子が悪い状態では、逆に刺激物と化し、肌にしみる元凶となってしまうのです。

化粧水のつけ過ぎもよくない?

肌荒れでバリア機能が低下する原因には、加齢や空気の乾燥などがありますが、化粧水のつけ過ぎも、大きな原因に挙げられます。
大々的にビチャビチャつけていると、肌を一見、潤わしているように見えますが、そこに落とし穴があるのです。
化粧水は、必要以上に肌につけても、全てが浸透する訳ではありません。
余った分は、やがて蒸発していきます。蒸発の際、元からあった潤い分までも道連れにし、肌の乾燥を進めます。
肌を潤すためにしたことが、逆に肌荒れの原因となり、肌がしみるまで重症化してしまうのです。
多くの場合、肌のバリア機能の低下は、つけすぎが原因です。
それを改めて、適正使用に切り替えるだけで、肌荒れに改善がみられるでしょう。何事も、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

化粧水を変えて治る場合も

また、化粧水を変えてみるのも、1つの方法です。
この場合は、敏感肌・乾燥肌用のものが、かなりの肌質をカバーしてくれます。
肌にしみることのない低刺激がウリで、セラミドなどの保湿成分も配合されているのがトレンドで、荒れた肌の修復ついでに、美肌効果までもが期待できるという寸法です。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング