肌荒れに対して即効性のある薬を選ぶならば、やっぱり皮膚科の処方?

肌荒れは、食事療法や何やで治るものなら、それはそれでオッケーでしょう。ですが、即効性を求めるなら、薬を適宜利用するのが、やはり効果的です。

また、肌荒れになると、まず、市販の軟膏やクリームを塗って治そうという人は多いことでしょう。
少々かぶれただけなどで、症状が軽ければ治まりが早いときもあります。
ただ、市販薬があまり効かない、もしくは症状がぶり返すならクリニック診断の上、処方薬をという選択肢もありです。

 

間違いがないのは、病院で診察を受け、処方薬をもらうことです。
肌荒れに対しては、その原因によっては内科などが該当するケースもありますが、まずは、皮膚科の医院やクリニックです。医師が処方するので安心感が違う他、あるいは市販薬と比べて「成分が濃い」ので、即効性が期待できるのがメリットです。

肌荒れへの処方薬としてよく用いられるのは、アダパレンやナジフロキサシンなどです。
患者の肌の状態を診て処方され、即効性も期待できます。

 

だだ、処方薬とはいえ、即効性がある=効果が強いということは、副作用も想定できるということです。
用法にあたっては、医師の指示通りに使い続けるのが賢明であり、即効性も見込めます。
使い始めは、皮膚の発疹や不快感が現れるケースもありますが、そうしたことも含めて、事前に説明を受けることが大切です。

 

症状に応じた薬物療法

 

今ある肌荒れには対症療法がとられることが一般的です。塗ったり飲んだりすることは、よくある使い方です。

かぶれるなどの症状が重くて、注射や手術が必要なほどの威圧感もないので、正しく使いさえすれば、薬物方法はストレスフリーだといえます。
皮膚科を受診すると、肌荒れの症状に応じて処方されます。たとえば、かゆみには抗ヒスタミン薬、アレルギー性の炎症には抗アレルギー薬で、ストレスにも対処していきます。
たいてい、塗るタイプ・飲むタイプがあるので、医師の指示に従って服用するのが鉄則です。

 

美容皮膚科などでは、肌トラブルの対処方法として、ケミカルピーリングが処置されることがあります。
古い角質をのぞきターンオーバーを高めるのに効果的なのですが、やりすぎるとかえってストレスになり、肌荒れの原因になるので要注意です。

 

市販薬に即効性を求めるならば薬剤師にアドバイスを

 

また、肌荒れがそれほど重症化していないと判断される場合は、市販薬で様子を見るというのが一般的でしょう。

配合できる成分やその濃度などの関係で、即効性の点では処方薬に及びませんが、ドラッグストアで手軽に買えるのがメリットです。
種類が豊富なので、迷ったら薬剤師さんの助言を受けた上で購入すると良いでしょう。

 

ちなみに、肌荒れには、ビタミンBを主体としたビタミン剤が良いという口コミは多くに上ります。
確かに、肌を丈夫にする働きはありますが、せいぜい期待できるのは、荒れるのを予防するだけです。しかも、ビタミンBは肉や魚などの動物性の食品からでも十分に摂取が可能です。
また、超有名なハンドクリームも、根強い人気があるようです。
こちらも、肌表面に保護膜を作る形で、肌の状態をそれ以上ひどくしないことには役立ちますが、症状が重篤なケースでは荷が重いでしょう。

 

心療内科という選択枝

 

また、肌荒れには、ストレスそのものにアプローチするのも、効果的な治療方法です。ストレスによる肌荒れというのも近年、注目されており、実際、それで悩む人も少なくありません。
心療内科や精神科を受診すると、抗うつ薬を処方するなど、症状に応じた治療方法がとられますので、思い当たる方は選択枝にいれておいてよいでしょう。

 


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング