肌荒れ用に薬局で買える薬

肌荒れに効くと、いくら評判が高くとも、入手困難であっては話になりません。何日も、場合によっては何週間も使い続けるものなので、かんたんに薬局で買えることは大きなポイントです。

肌荒れの改善にと、薬局で買えるものでポピュラーなものは、ビタミンB2やビタミンB6が配合された薬品ですビタミンB群は肌の健康維持に有益な成分です。
最近では、健やかな肌になどと銘打って、ビタミンB2やビタミンB6のサプリメントが、薬局で買えるようになっている状況です。

ヒルドイドに似た成分の入った市販薬は?

 

ところで最近、肌荒れの特効薬として、ヒルドイドが評判になっています。
たいした副作用もなく、即効性もあるしということで、肌質が良くなったなど体験談も多数に上ります。
ただ、ヒルドイドは原則として、皮膚科で処方される薬であり、薬局で買えるものではありません。
ただ、主成分はヘパリン類似物質であり、この成分が入った市販薬なら、薬局で買えるようになっています。
成分が薄いこともあって、薬効は「ホンモノ」には負けますが、手軽に買えるメリットは、いくばくかでも福音になってくれます。

 

薬局だから選べる選択枝

 

さらにいえば、肌荒れの薬はバラエティーに富んでいるので、自分の症状に応じて、選び分けることが大切です。
大きく分ければ、ハンドクリームやボディクリームも、選択肢に入ってくるでしょう。
肌のキメを整えたいのか、炎症や湿疹を鎮めたいのか、ニキビを改善させたいのか、肌荒れといってもさまざまなので、パッケージなどに記載の効能を確認し、間違いないよう選び取りたいものです。
より確実には、近くにいる薬剤師を捕まえて、使い方の点までよくよくアドバイスを受けてから購入すると良いでしょう。

 

肌荒れにオロナイン、昔からの「常識」?

 

肌荒れには、オロナインを使えというのが、昔からの「常識」となっています。

平成に入って久しい現在にあっても、いろいろと新製品があふれる中にあって、なかなか検討している模様です。
副作用の不安も少なく、安全性についても保証済みです。
オロナインは、肌トラブル一般に効果的だと言われていますが、その秘密は、クロルヘキシジングルコン酸塩という成分にあります。
肌への刺激が少ない成分でもあり、肌荒れがあっても、安心して使えるのがメリットです。

 

殺菌力もあるオロナイン

 

また、オロナインは、殺菌力にも優れ、アクネ菌が原因のニキビの改善などに効果的だとされています。
その殺菌力には持続性もあって、肌荒れ改善への素地を作ってくれます。

 

肌荒れに対するオロナインの使い方

 

オロナインの基本的な使い方は、適量を患部に塗るというものです。

軟膏を塗る前に、それを塗る手と患部を、清潔にしておくのは鉄則です。
特に手は、普段からいろいろなところを触っていて、雑菌が多く付いた状態になっています。
不潔な手で薬を塗っても、肌荒れをひどくするだけなので、とにかく清潔な状態で塗ることが肝要なのです。

 

また、塗り方も重要なポイントで、手でゴシゴシこするようにしたら、やはり肌へのダメージが大になります。
軟膏は、患部に薄?く乗せるように塗るのがコツです。
ちなみに、塗る時間帯は、就寝前がベストだとされています。
肌荒れが修復される睡眠中に、軟膏が効果的に働くというのが、その根拠のようです。

 

肌荒れにワセリン

 

肌荒れの改善にと、いろいろな薬が販売されている中、ワセリンは今でも有力な選択肢となっています。
昔から使われているということで、安心感も高いものがあり、ドラッグストアなどで安く購入できるのも、大きなメリットです。誤って口に入れても大丈夫なほど、安全性も高いものです。

ワセリンは石油から作られる

 

ワセリンは、石油を精製して作られるもので、肌に油分の膜で覆い、乾燥を防ぐ働きがあります。
石油由来というと拒絶反応を示す向きもあるでしょうが、そもそも太古の植物が化石化してできたものであり、強引に解釈すれば、広い意味での植物系の成分です。
実は、肌荒れにダイレクトに働きかける訳ではないのですが、保湿力を高めることで、肌質の改善に間接的につながるというのが、基本的な仕組みです。

 

ワセリンの種類

 

大きく分けて、ワセリンには、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトがの3種類があり、後者ほど純度が高くなります。
副作用は基本的にはないのですが、純度の低いものでは、色素沈着を起こすリスクがあります。
中では、サンホワイトが純度が高く安全だとされているので、肌荒れが起きた乳児やアトピー肌には、オススメのタイプでしょう。

 

東洋医学的な方法も人気

 

肌荒れの改善には、東洋医学的な方法も人気があります。そのひとつ、漢方薬は、ストレスケアも含めて、心身を全体的に捉えてケアする点が、西洋医学との大きな違いです。

漢方薬では、肌荒れの改善に、ヨクイニンがしばしば利用されます。ハトムギの種子から取り出された成分で、ニキビや吹き出物の改善に効果的だとされます。
感冒薬で、ストレスの改善に利用されるのは、たとえば加味帰脾湯(かみきひとう)があります。不安やイライラを抑え、寝つきをよくする効能が知られています。
さらに、薬より穏やかなケア方法としては、アロマテラピーも人気があります。イランイランなどの植物由来の精油効果で、ストレスをケアしていくほか、肌荒れにも効果を及ぼしていきます。
ただし、アロマテラピーは香りをかぐ時間にもよりますが、効果の出方はゆっくりとしたものです。美肌が大事と悲愴な気持ちにならずに、日常生活のアクセントとして、趣味的に利用するくらいのお手軽さで臨むとよいでしょう。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング