皮膚科は夏の方が患者数が増加…汗が原因?

一般に、肌荒れは冬に多いイメージが強いものですが、皮膚科は夏の方が患者数が増加し、冬の3倍になるほどだと言います。
夏に多い原因には、汗が挙げられます。
汗は、老廃物を排泄し、体温を調節するなど、生命を維持する上で大切な働きがあります。
ただ、それも適量であればの話で、大量に出れば、肌荒れの原因になってしまうのです。
通常、肌は弱酸性になっていて、雑菌の繁殖を抑えることができているのですが、汗をかくとアルカリ性を帯びるようになってしまいます。
すると、殺菌力が低下し、かゆみが発生しやすくなり、肌荒れへとつながっていくのです。

汗による「乾燥」や「塩害」で肌荒れ

また、汗をかくと、肌を乾燥から守っている皮脂までも、ついでに流されてしまいます。
少しぐらいなら平気なのですが、大量に流されれば潤い分が失われ、肌が乾燥してしまいます。
乾いた後の残存成分による「塩害」も、肌荒れの原因になり得ます。

 

汗は、自覚していなくても1年中かいているものですが、夏は特に注意が必要です。
紫外線の影響がピークに達する季節でもあり、バリア機能の低下と相まって、肌へのダメージも相当大きくなってしまいます。

汗は優しく拭き取る

そこで、肌荒れの対策として、肌がジワーっとしてきた段階で、即座にふき取ることが大切です。
それも、ゴワゴワしたものでゴシゴシこすりでもしたら、肌への刺激が大になるので、軟らかいコットンなどで、やさしくふき取るのがコツです。
外出から戻ったら、早めに洗顔や入浴をして、肌を清潔に保つことは、肌荒れ対策として有効です。
その後は、化粧水などで保湿ケアを十分に行えば万全です。
夏は特に、肌老化が加速しやすい季節なので、スキンケアは他の季節よりも念入りにしたいものです。

「汗アレルギー」というケースも

また、「汗アレルギー」というケースもあります。
これはアレルゲンが自分の汗、というやっかいなアレルギーですが、意外と多くの人が悩んでいます。
汗をかかない、というわけにはいきませんから、肌のバリア層をしっかりと強化するスキンケアがポイントになります。


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング