肌荒れにはいろいろな種類があるけど治し方は…

「肌荒れ」と一口で言っても、それは一種類ではなく、いろいろな「肌荒れ」があります。
たとえば、症状としては、「カサカサする」「ガサガサする」「赤みを帯びている」「かゆい」「ジュクジュクする」「ぶつぶつしている」「ボコボコしている」などなど、様々です。
その原因にもいろいろ挙げられます。
たとえば、「化粧品による肌刺激」「季節の変わり目や生理によるホルモンの変調」「汗アレルギーで」「食生活や睡眠週間」など、さまざまな原因が考えられるのです。
ですから、「治し方」といっても、それはひとつではありません。

 

敏感肌というキーワードに注目

 

肌荒れは、その原因や症状によって治し方のアプローチも異なるのですが、それぞれの事例をよく見てみると「敏感肌」というワードで集約できることもあります。
敏感肌とは、肌表面のバリア層や角質層が損なわれ(場合によっては散り散りに剥がれ)、肌のシールド機能が低下している状態です。
アトピーで肌表面がボロボロになった状態も、この「バリア層が損傷した状態」の延長にあると言えます。

そして、その原因はひとつではありません。

 

花粉やダストなどの外部刺激がアレルゲンとなった肌荒れもあります。
空気の乾燥や肌の潤いの蒸散が原因の肌荒れもあります。


日焼けや紫外線刺激が原因の肌荒れもあります。
また、もちろんアトピーによる肌荒れもあります。

 

そして、それぞれの原因に着目した肌荒れの治し方だと、「アレルゲンを近づけない」とか「寒風に肌をさらさない」「日光を避ける」など、それぞれの原因に応じて方法が異なります。


ただ、原因がなんであれ、「肌バリアが損傷した状態」になるわけですから、その「結果」に対して対処すれば、まずはつらい状態から脱出できるわけです。こう考えると、「肌のバリア層の保護や再生」ができれば、原因はなんであれ、状況は好転するわけです。

 

スキンケアは成分や方法に注意をする

肌バリアのキープや生成を考えた時、まず、洗顔やクレンジングでは、手でゴシゴシこするは厳禁。水圧の強いシャワーを浴びるのもおすすめしません。

 

そして、バリア層がゆらいでいる状態ですから刺激の強い成分は避けなければいけません。
界面活性剤や防腐剤の中には肌に刺激や負担を与えるものもあるので注意が必要です。

 

安心な化粧品メーカー

 

スキンケアは、とくに女性にとっては日常生活の一部ですが、安心な化粧品メーカーかどうかは、とくに年齢肌・敏感肌さんには死活問題となります。
スキンケアの方法ももちろん大切ですが、毎日使う化粧水、美容液、クリーム等々が安心安全なものかどうかも重要だということです。
どのアイテムをとっても保湿や美肌効果も大切なポイントですが、第一に求められるのはやはり安全性です。

 

トレンドは低刺激処方

 

安心な化粧品メーカーにランクインされるからには、ブランドこそ違いはあっても、共通点をいくつか見出すことができます。

ポイントは肌荒れの原因にならないこと、スキンケア効果を上げることも大切です。
安心な化粧品メーカーではよく、刺激成分をできるだけ使わないことをセールスポイントにしています。
トレンドは低刺激処方ということで、合成着色料、香料、紫外線吸収剤などの刺激成分が弾かれているメリットが安心感を誘います。
お肌に優しい美肌成分としては、セラミドやヒアルロン酸などが有名です。
安心な化粧品メーカーでよく使われる成分で、ヒト型ナノセラミド、ビタミンC誘導体など、メーカーの独自技術で肌深部への浸透度を高めた美肌成分配合がスキンケアに、とくに肌乾燥の改善に高ポイントになります。
購入方法としては、ドラッグストアなどでの店頭販売、そして通販限定品があります。
通販系は公式サイトの解説やお試しなどで、店頭販売並みの保障体制をしいているメーカーもあります。

 

販売価格も判断材料に

 

安心な化粧品メーカーは、ブランドの知名度は大きくものを言います。
ただ、通販系でも、口コミで大人気のブランドがあるので、あくまでも目安です。
安心な化粧品メーカーかどうか、販売価格を判断材料にするのは、ひとつの方法です。
低価格で品質もそこそこいいプチプラにも人気ブランドはありますが、美肌効果の高さと価格は、ある程度リンクしているとみるのが妥当です。
低価格品がすべて悪いわけではありませんが、たとえば某国製の製品から基準値を超える有害物質が検出されたといったニュースがあるのも事実です。
安心な化粧品メーカーでも、100%大丈夫とは限りません。
美肌成分として評判の植物エキスが配合でも、人によっては、それが肌荒れの原因物質になり得ます。
しっかりしたアフターケアも、安心な化粧品メーカーの条件。たとえば通販系では、30日など期間限定での返品・返金保障システムは、安心ポイントになるでしょう。

 

迷ったらまずお試しを

 

安心な化粧品メーカーでも肌質その他が原因で、中にはお肌に合わないケースはままあることです。新しい化粧品を使うにあたっては、サンプルでもトライアルセットでも、必要ならパッチテストでもお試しをしてみて、スキンケアのために使い続けてOKか、確認することが大切です。使い慣れた化粧品でも、体調などで合わなくなることがあるので、一時的に使用を中止して、様子をみるのが賢明です。

 

肌のバリア機能を正常化させる

ケガをして傷口が開いている時、その傷口をバンソウコウなどで保護し、傷がふさがるのを待ちます。
肌のバリア層が損なわれている時も同様で、壊れかけたバリア層のさらに上から「もうひとつのバリア層」を被せればよいのです。
「もうひとつのバリア層」は、外部からの刺激物をシャットアウトし、壊れかけたバリア層のさらなる損傷や過剰な反応を抑制してくれます。そればかりか、肌の潤いの蒸散も抑えるので保湿にも効果的です。

 

その「もうひとつのバリア層」はどこに売っている?

 

時に皮膚科で処方され、一般に市販もされているのがワセリンです。
ワセリンを肌に塗ることで、皮膚表面を新たなバリアで覆うことになり、それが水分蒸散を抑えてくれます。
値段が手軽でどこでも購入できるのはありがたいですが、ちょっと重たい使用感が気になる人もいるようです。また、ワセリンの種類によっては、肌に合わずにかぶれたりすることもあります。

 

疑似角層でバリア層をアシスト

 

肌荒れで悩んでいるならば、日常的に使っている化粧水やクリーム、エッセンスといったスキンケア化粧品の見直しは常に考えていることでしょう。

状態によっては、「そういったスキンケア用品ですら怖くて使えない」という時もあるかもしれません。
そんな、「肌バリアにゆらぎのある敏感肌」のために作られたスキンケア用品をご紹介しておきます。
「疑似角層によってもうひとつのバリア層を肌表面に作る」という機能を持ち、この「疑似角層」=「もうひとつのバリア層」のことをヴァイタサイクルヴェールと呼びます。それを研究・開発に成功したのがポーラ研究所ですが、特許公報には「アトピー性皮膚炎の発症を有意に抑制」とまで記されています。
あまりにもその発明の価値が大きいので、ポーラではその特許技術を最大限に活かすために、新たに敏感肌のための会社(ブランド)、ディセンシアを設立したほどです。

 

それでは、この特許技術によるヴァイタサイクルヴェールRについて解説しましょう。
これは、「ベントナイト」という微少な板状粉末が皮膚表面に「疑似角層」を形成し、まるで「見えないヴェール」のように外敵をシャットアウトしてくれるというものです。

これは、外敵ばかりか「中から蒸発しようとする潤い」にもフタをしてくれ、さらに、一緒に配合されているヒト型ナノセラミドがそのフタの中で存分に保湿パワーを発揮してくれます。
特許公報には、アトピー性皮膚炎や皮膚炎性などについての記述もあり、「これは本物だ」と充分に信じることができます。★資料を見る(小窓が開きます)

【0015】本発明によれば、アトピー性皮膚炎の発症を有意に抑制することができ、該炎症の発症の予防に有効であり、低刺激性で日常的に使用することができる皮膚外用剤を提供することができる。

 

【0092】本発明の皮膚外用剤は、有効な炎症予防作用を示すので、皮膚炎症の発症を予防するために用いられうる。また、該皮膚外用剤は極めて低刺激性であるので、治療後の皮膚炎症の発症の再発を防止するために、日常的に長期にわたって使用されうる。また、抗炎症剤を配合することによって、本発明の皮膚外用剤を抗炎症医薬部外品、抗炎症皮膚外用医薬に適用することもできる。

★閉じる★

 

ディセンシアには大きく3つのラインナップがありますが、まよったら「アヤナス」がおすすめです。バリア層のサポート機能に「攻め」のエイジングケア機能が加わったもので、有名人でも数多く使ってします。

●アヤナス

「擬似角層によるバリア強化」「エイジングケア」⇒しわやたるみケアもやりたい時
 ※詳細ページへのリンク
http://ayanasu.com

 

他にもつぎのラインナップがあります。時期や目的にあわせて使い分けるとよいでしょう。

 

●つつむ

「擬似角層によるバリア強化」「超保湿」⇒肌荒れがひどい時やアトピー肌の方、花粉症やアレルギーはきつい時期
 ※詳細ページへのリンク
http://tutumu.com

●サエル

「擬似角層によるバリア強化」「エイジングケア」⇒日焼けやくすみが気になる時
 ※詳細ページへのリンク
http://saeru.com

 

他ブランドの肌荒れ向き製品の情報はこちらから⇒肌荒れ化粧水ランキング

 

 

食べ物が原因の肌荒れ、というケースも

 

食べ物が原因の敏感肌、というケースもあります。
まず、敏感肌の原因としてアレルギー体質が思い当たる場合は、その体質改善に努めることも必要です。
その上で、お肌の原材料であるタンパク質(動物性のほうが効率的です)、そして保湿に重要な働きをするセラミドは脂質ですから、オメガ3といった脂肪酸もきちんと摂りたいです。
ダイエットする時には、こういった成分を削らないように注意しましょう。

 

他にも、「充分な睡眠」「規則正しい生活」「紫外線をできるだけ避ける」などなど、基本的な生活習慣にも注意を払いましょう。

 


★肌荒れ向きスキンケア製品

の情報はこちらから

肌荒れ化粧水ランキング





更新履歴